2019/09/03

K−1のタイトルマッチのセコンドに行ってきました。

831()東京後楽園ホールでKKrushのクルーザー級タイトルマッチ、K-Jee(ケージー)選手vs RUI(ルイ)選手の試合が行われました。

私は RUI選手のセコンドとして試合のサポートをしてきました。

対戦した二人は学生時代に私が当時働いて店長を務めていたジムの選手であり、スタッフとしてアルバイトもしてくれていました。

二人はとても仲が良く、学校も一緒、トレーニングも一緒、バイトも一緒、飲むのも一緒、と青春をずっと一緒にすごしていました。

そんな二人が選手としてメキメキと頭角を現して、九州レベルでは試合ができなくなってきて、東京のK1のジムに移籍することとなるまでそう時間はかかりませんでした。

上京後二人は道を分かれ、それぞれ違うジムでトレーニングをして試合をしながらキャリアを着々と積んでいました。

歳月が流れ、紆余曲折ありながらも格闘技の聖地、後楽園ホールの日本タイトルマッチという大舞台で二人は再会したのでした。

試合結果の方は各種ニュースなどでも流れましたのでご存知の方もいるかと思いますが、K−jee君の2ラウンドKO勝ちでした。

LUI君の試合会場入りから試合直前のアップまでずっと一緒にいて、セコンドとして一番近くで応援しました。

ウォーミングアップの時の動きも切れていてとても良かったし、いい顔をして過去最高じゃないかという仕上がりでしたが、勝負は非情でした。

−jee君おめでとう!

LUI君お疲れ様でした!

 

二人からはただならぬ覚悟を感じましたし、プロファイターとしての仕事を見させてもらいました。

関係者の方々、応援してくださった方々もお疲れ様でした。

彼らのファイトを自分の目で見られて良かったです。二人から勇気と感動をもらいました。

そして、リスクを背負いながらも本気で一つのことをやり続けている人間はカッコいいと改めて思いました。彼らは全てを投げ打って10年間格闘技をやりぬきました。

僕はこれからもずっと彼らを応援します。

そしてHONDA  SPORTSがもっと素晴らしいジムになるよう成長し、自分の仕事やトレーニングの事、人生全てを頑張ります